トップ > 文芸・エッセー・評論 > 明治 大正 昭和 平成  文學の國いわて 輝ける郷土の作家たち
歴史 > 明治 大正 昭和 平成  文學の國いわて 輝ける郷土の作家たち
啄木・賢治 > 明治 大正 昭和 平成  文學の國いわて 輝ける郷土の作家たち

明治 大正 昭和 平成  文學の國いわて 輝ける郷土の作家たち

明治から平成の現代まで、岩手ゆかりの作家たちの文学活動と生き方を描いた「岩手文学史」。

2013年1月から16年9月まで岩手日報紙上に連載した企画に加筆、再構成して書籍化した。
著者は盛岡市在住の脚本家・道又力氏。

【目次】
第1章 明治篇
第2章 大正篇
第3章 昭和戦前篇
第4章 昭和戦中篇
第5章 昭和戦後篇
第6章 平成篇
あとがき
署名・メディア・事項索引
人名索引

【本書の帯より】
大槻文彦から始まって佐々木喜善を拾っていく、こんなユニークな岩手の文学史が今まであったでしょうか。愛があふれでる、清新な文学史。
金田一秀穂(言語学者)

電筆将軍に会いたい!近代小説の誕生から文士劇の今まで、日本の文学のおヘソは東北にあった。笑って泣かせる、文学の香り高い文学史は初めてではないか。
ロバート キャンベル(日本文学研究者)

岩手の文学ここにあり
本書は、明治から現代までの、岩手文学の歩みをまとめた、初めての通史である。何故、岩手はこれほど多くの文学者を、輩出し続けるのか?岩手の文学史を書こう、と思い立ったのは、東日本大震災の影響が大きい。震災による喪失感を癒やすのは、私にとって文学しかなかった。
形が失われても、心は残っている。心を伝える最良のものは、文学者たちの作品に他ならない。
ーあとがきより

価格 : 3,996円(税込)
A5判625ページ ハードカバー 道又力著 2017年6月発行 ISBN978-4-87201-419-8
数量
 

1500円(税込)以上は送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ