トップ > ガイド・旅 > 啄木 うたの風景 〜碑でたどる足跡〜
啄木・賢治 > 啄木 うたの風景 〜碑でたどる足跡〜

啄木 うたの風景 〜碑でたどる足跡〜

全国にある石川啄木の歌碑を探訪し、その土地と啄木との関わりを紹介した。
歌碑のガイドとしても啄木の評伝としても読める一冊。2012年、岩手日報本紙連載企画を書籍化。

【目次】
プロローグ
第一部 青春の輝き
第二部 漂白の旅路
第三部 苦闘の果て
エピローグ
主要参考資料
あとがき

【発刊によせて、より抜粋】
2012年は啄木の没後百年。この記念すべき年にあたり、本紙でも長期の連載を企画した。この国民的歌人のすばらしさをあらためて世に伝えるには何に焦点を当てたらいいのかーそれは数多くある歌碑などの文学碑ではないだろうか。時代と地域を超えた啄木短歌の普遍性を象徴し今に伝える歌碑は、全国に170余基本ある。それをできるだけ訪ね、啄木の足跡をたどり、建立に関わった人々の思いを聞いてみることにした。
記者は北海道から沖縄まで、啄木の軌跡を追って、実際にその土地を歩き、地元の啄木愛好者の思いう掬い上げた。連載は4月4日スタートし11月28日まで34回にわたった。取材で、実際に確認しいた碑は100基近く、紙面で写真付きで紹介したものは70基以上となった。歌碑の中には、啄木自身とは無縁だがゆかりの人物に関りのある土地に建てられた碑や、東日本大震災の津波で流されてしまった碑も含まれる。
 
価格 : 1,620円(税込)
A5判248ページ 小山田泰裕著 2013年9月発行 ISBN978-4-87201-411-2
数量
 

1500円(税込)以上は送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ