トップ > 歴史 > 北東北のたとえ
趣味 > 北東北のたとえ

北東北のたとえ

「たとえ」の最大の魅力は、笑いの表情である。その笑いには学もなく、富もない。貧しい人々の中で示された表情である。
巧みな比喩とユーモアにあふれる庶民の「ことわざ集」。約6千種を解説つきで収録。

【一部紹介】
鬼と女ぁ見えねぇ方いい
・・〇鬼と聞いただけでも鬼の威力を感ずる。女性も同じく、人前にでしゃばらないほうがむしろゆかしくてよい。〇ほんとうに力のあるものは、表面に姿を現さないほうがかえって恐ろしい。また、ほんとうに美しいものは、あらわに人前に出ないほうが実際より美しく感じさせる、などのたとえ。

竈(かまど)さまたがる
〇土や石でつくったかまどよりも、その上にどっかりとのせてつかう鉄製の釜のほうが高価である。〇子供が親よりすぐれている、というたとえ。※親勝りの筍

 
価格 : 2,831円(税込)
A5判478頁 1994年2月発行 毛藤勤治編・著 岩手日報社編 ISBN978-4-87201-155-4
数量
 

1500円(税込)以上は送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ