トップ > ガイド・旅 > 白い妖精 -アルビノの花ばな-
趣味 > 白い妖精 -アルビノの花ばな-

白い妖精 -アルビノの花ばな-

突然変異によって生まれたアルビノの白花ばかり39種類をカラー写真とエッセイで紹介。

【はじめにより抜粋】
一般に植物の花はそれぞれ固有の美しい色彩で飾られている。とろこが、稀にその固有の色素が欠乏してシロバナ、または、それに近い色の花になることがある。それらを生物学ではアルビノと呼んで区別している。アルビノの花は、その珍奇さから植物界の妖精と呼ばれて珍重されている。
わたくしが、初めてアルビノの花に出会ったのは1978年の春のことで、カタクリの白花であった。その時に感動が忘れられずに、以来、アルビノの花を探し求めて山野を歩きまわり、いつの間にか16年がたってしまった。・・・・・

【目次】
カタクリ、ツリフネソウ、クリンソウ、シラネアオイ、イワウチワ、エゾムラサキ、タニウツギ、ジキタリス、ヤマエンゴサク、ザゼンソウ、アケビ、アツモリソウ、ノアザミ、タチギボウシ、ハクサンジャジン、キツリフネ、ハクサンフウロ、ツユクサ、トリカブト、ジョウジョウバカマ、オニシオガマ、スミレサイシン、エゾアジサイ、ハクサンンチドリ、アカツメクサ、ヤブツバキ、ウスバサイシン、ユキツバキ、キリ、イワカガミ、トキソウ、タカネスミレ、ルリソウ、フデリンドウ、ハマナス、ヤマオダマキ、ウゴアザミ、ハナニガナ、スギ
 
価格 : 1,888円(税込)
A5判76ページ 1994年4月発行 写真・文 高橋喜平 岩手日報社編 ISBN978-4-87201-159-7
数量
 

1500円(税込)以上は送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ