トップ > 文芸・エッセー・評論・社会 > 啄木賢治の肖像
歴史 > 啄木賢治の肖像
啄木・賢治 > 啄木賢治の肖像

啄木賢治の肖像

第51回岩手読書感想文コンクール
中学校の部 課題図書



石川啄木の生誕130年、宮沢賢治の生誕120年に合わせて、岩手日報紙面で2016年1月から計30回にわたり連載した特集を書籍化。
18の共通テーマと識者への取材を基に、岩手が生んだ文学者2人の魅力をあらためて探る。
持ち運びやすい新書サイズ。
盛岡市や花巻市の散策マップやカラー資料、比較年表も特別収録した。

目次
啄木・賢治散策MAP
啄木・賢治資料館
第1章 誕生〜幼少期
第2章 少年・青春時代
第3章 少年・青春時代
第4章 識者に聞く
第5章 友
第6章 友
第7章 恩師
第8章 両親
第9章 きょうだい
第10章 女性
第11章 女性
第12章 識者に聞く
第13章 山
第14章 川
第15章 識者に聞く
第16章 仕事
第17章 仕事
第18章 音楽
第19章 お金
第20章 東京
第21章 東京
第22章 識者に聞く
第23章 手紙と日記
第24章 手紙と日記
第25章 時代
第26章 時代
第27章 宗教
第28章 病と死
第29章 没後の評価
第30章 識者に聞く
啄木・賢治年表
あとがき

本書の帯より
世界中読まれている啄木と賢治。「亡くなるまで、書き続け」、「人生も共に魅力的」がその核心。二人の作品、人間、新しい読み方を案内する『岩手日報』連載は、新書判として「持ち運べる啄木・賢治」となった。
望月善次(前国際啄木学会会長、元宮沢賢治学会イーハトーブセンター副代表、岩手大学名誉教授)
価格 : 972円(税込)
新書判312ページ 2018年4月発行 阿部友衣子、志田澄子著 ISBN978-4-87201-421-1
数量
 

1500円(税込)以上は送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ