トップ > 北の文学 > 北の文学第82号

北の文学第82号

優秀作・小説 小田島比呂「家族会議」
巻頭コラム くらもちひろゆき

 「北の文学」第82号優秀作は、小田島比呂(ひろ)さん=東京都新宿区、北上市生まれ=の「家族会議」です。夫婦と娘2人が年越し直後に開いた家族会議。そこで明かされた秘密とはー。家族の姿を問う重いテーマを、小気味よいリズムの文章で明るく描いた作品です。
 第82号は最終候補に小説9編が残り、編集委員の鈴木文彦氏、久美沙織氏、大村友貴美氏の合議で選考。小田島さんのほか、入選作5編が選ばれました。
 巻頭コラムは、くらもちひろゆき氏(劇作家、盛岡市)。軽妙な文章で「NGワード」に切り込みます。

【目次】
巻頭コラム くらもちひろゆき

優秀作 小田島比呂「家族会議」

入選作 中村均「優しく美しい女性(ひと)」
    神山千之「平箱の中」
    藍沢篠「ビーラの絆」
    菅原弘行「迷い蛾」
    谷村行海「ブルース・オブ・タカダノババ」

選考経過・選評

詩 藍沢篠「エルケーニッヒ」

寄稿・小説 安井康平「お日様パンー『セスナ日和』3ー」
      松本秋実「マン・オン・ザ・ムーン」

短歌 山内義廣「廃屋集落」
俳句 岩渕洋子「実千両」
川柳 中野裕子「危機の時」

エッセー 佐々木悠紀子「花ごよみ」
     山影春香「プリンは四キロメートルの彼方に」
     内藤賢一「菫ほどな」
     昆秀一「指の痛み」

第81号合評会から

投稿 あの日あの時 6編
価格 : 1,210円(税込)
A5判268ページ ISBN978-4-87201-613-0
数量
 

2000円(税込)以上は送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
【総合文芸誌「北の文学」】

 「北の文学」は新人作家の発掘と育成を目指す岩手の総合文芸誌です。

 創刊は1955年。新感覚派として活躍した鈴木彦次郎をはじめ、井伏鱒二、川端康成、丹羽文雄、尾崎士郎が監修者として名を連ねました。第5号で休刊となったものの1980年に復刊。以来、年2回(5月、11月)の発行を続け、短編小説の優秀作と入選作などを掲載しています。これまでに斎藤純さん、平谷美樹さん、松田十刻さん、大平しおりさん、日上秀之さんらを輩出しています。

 岩手ゆかりの一線作家らによる巻頭コラムも人気です。第81号の伊吹有喜さんをはじめ、これまでに若竹千佐子さん、沼田真佑さん、柚月裕子さんらが登場しています。
 

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

北の文学

北の文学 第75号

北の文学 第75号

A5判174ページ 2017年11月発行 岩手日報社編

1,210円(税込)

北の文学 第74号

北の文学 第74号

A5判230ページ 2017年5月発行

1,210円(税込)

北の文学 第72号

北の文学 第72号

A5判214ページ 2016年5月発行

1,210円(税込)

北の文学 第71号

北の文学 第71号

A5判224ページ 2015年11月発行

1,210円(税込)

北の文学 第70号

北の文学 第70号

A5判196ページ 2015年5月発行

1,210円(税込)

北の文学 第69号

北の文学 第69号

A5判172ページ 2014年11月発行

1,210円(税込)

北の文学 第68号

北の文学 第68号

A5判160ページ 2014年5月発行

1,210円(税込)

北の文学 第77号

北の文学 第77号

A5判252ページ 2018年11月発行 岩手日報社編

1,210円(税込)

北の文学 第81号

北の文学 第81号

A5判234ページ 2020年11月発行 岩手日報社編 ISBN978-4-87201-612-3

1,210円(税込)

北の文学 第80号

北の文学 第80号

A5判264ページ 2020年5月発行 岩手日報社編

1,210円(税込)

北の文学 第79号

北の文学 第79号

A5判250ページ 2019年11月発行 岩手日報社編

1,210円(税込)

北の文学 第78号

北の文学 第78号

A5判180ページ 2019年5月発行 岩手日報社編

1,210円(税込)

北の文学 第76号

北の文学 第76号

A5判202ページ 2018年5月発行 岩手日報社編

1,210円(税込)



ページトップへ