あの日から 東日本大震災鎮魂 岩手県出身作家短編集

2,200(税込)

数量
岩手生まれの作家たちが紡ぐ
「こころ」の復興の物語


岩手県出身作家ら12人による短編集。それぞれが描いた東日本大震災からの「こころの復興」。


<編者あとがきより>
 震災のような非常時にあって、真っ先に必要なのは、まず食料であり、衣類であり、住まいであり、電気であり、ガソリンである。それは間違いない。
 けれど小説に人の命は救えなくても、人の心は救うことが出来るかもしれない。
 何故ならば、物語には人間の内面の深いところに入り込み、もつれた感情を解きほぐす力があるからだ。

 
編者 :道又力
体裁 :四六判
総頁 :498
発行 :2015年10月
ISBN :978-4-87201-415-0

【収録作品】
「さるの湯」/高橋克彦
「事故の死角」/北上秋彦
「お地蔵様 海へ行く」/柏葉幸子
「風待ち岬」/柏葉幸子
「海から来た子」/柏葉幸子
「愛那の場合~呑ん兵衛横丁の事件簿より」/松田十刻
「あの日の海」/斎藤純
「長靴をはいた犬」/久美沙織
「加奈子」/平谷美樹
「水仙月の三日」/澤口たまみ
「海辺のカウンター」/菊池幸見
「スウィング」/大村友貴美
「もう一人の私へ」/沢村鐡
「純愛」/石野晶

 

この商品について問い合わせる

商品レビュー

レビューはまだありません

レビューを書く

最近チェックした商品Check Items